「相続開始前のご相談」の記事一覧

遺言書について

  相続のトラブルを未然に防ぐために、遺言書を書いておきましょう!   自分の死後、誰しも「円満に遺産分けしてほしい」と願うことでしょう。 しかし遺言がなかったために、遺産分けをめぐって遺族間で骨肉の争いになってしまうこ・・・

遺言書の種類

遺言書は3種類あります! 一般的な遺言書としては、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。 手軽で費用もかからない自筆証書遺言・法的効力や保管が確実で死亡後の検認手続きも不要の公正証書遺言と、それぞれ・・・

遺言書の書き方

  遺言書は「間違いのないように」「後々もめないように」書きましょう!   遺言書は、種類によって法律で書き方が定められています。 せっかく書いた遺言書に間違いがあれば、意味のないものになってしまいます。 間違いのないよ・・・

電子遺言「e遺言」のご案内

「電子遺言(e遺言)」とは? 電子遺言では、残されるご家族のため、様々な情報や想いなどを遺すことが出来ます。 財産目録や交友記録、ご家族へのメッセージなどを動画や画像・音声などで記録し、その内容を予め指定した受取人様へお・・・

後見制度と生前契約

老後のため・相続財産を守るために、成年後見制度・生前契約を活用しましょう! 成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などによって判断能力が低下した人を、法律面・生活面で保護・支援する制度です。 例えば、不動産や預貯金な・・・

法定後見制度とは

  法定後見制度には、本人の判断能力の程度に応じて「後見」「保佐」「補助」の三つの制度があります。   法定後見制度では、判断能力の程度など本人の状況に応じて、「後見」「保佐」「補助」いずれかの制度を利用することになりま・・・

任意後見契約とは

  任意後見契約では、将来の判断能力の低下に備えて、本人の意思で任意後見人などを定めることができます!   任意後見契約は、本人に十分な判断能力があるうちに、将来判断能力が不十分になったときに備えて、あらかじめ自らが選ん・・・

このページの先頭へ