相続放棄・限定承認

相続放棄

相続放棄・限定承認の期限は3ヶ月です!

相続人調査・相続財産調査の結果をふまえて、遺産をどう相続するのか検討します。
全てを相続するのか?
全てを相続しないのか?
条件付で相続するのか?、選択肢は様々です。


相続の状況に応じて、相続の開始を知った日から3ヶ月以内(熟慮期間といいます)に判断する必要があります。
熟慮期間は法律で定められたものですから、「知らなかった!」では済まされません。

単純承認

単純承認とは、相続財産を全て無条件で相続することです。

マイナス財産の方が多かったとしても、全て無条件で相続することになります。

単純承認の場合は特に手続きは必要ありませんが、熟慮期間内に相続放棄・限定承認の手続きをしなかった場合や、相続放棄・限定承認の手続き前に相続財産を処分した場合などは自動的に単純承認となってしまいますので注意が必要です。

相続放棄

相続財産にはプラス財産とマイナス財産があります。

相続財産がプラスの場合は単純承認でも問題はないでしょうが、マイナスの場合は「相続しない」ことを検討する必要があります。

「相続しない」判断をした場合は、相続放棄の手続きをすることになります。

熟慮期間内に家庭裁判所に相続放棄の申述をし、認められれば相続放棄が完了します。

相続放棄が完了すれば「最初から相続人でなかった」ことになりますので、その相続人の子や孫が代襲相続することもありません。

但し、第一順位の相続人(子)が相続放棄をすれば第二順位の相続人(父母)が、更に第二順位の相続人が相続放棄をすれば第三順位の相続人(兄弟姉妹)が相続することになりますので、後順位の相続人に配慮する必要があります。

限定承認

限定承認とは、プラス財産の範囲内に限ってマイナス財産を相続することです。

マイナス財産の方が多かった場合にはプラス財産を超えるマイナス財産分の返済などは免れることができますし、プラス財産の方が多かった場合には、返済をした残りのプラス財産を相続することができます。

限定承認は、熟慮期間内に家庭裁判所へ限定承認の申述をする必要があります。

ただし限定承認の申述は相続人全員で行う必要があること、相続放棄と比べて手続きがかなり複雑で時間もかかることから、実際に限定承認を行う方はさほどいらっしゃいません。

お問い合わせはこちら

川西市・猪名川町を中心に相続・遺言・後見をトータルサポートいたします

サービス提供可能地域:兵庫県 川西市 猪名川町 伊丹市 宝塚市 大阪府 池田市及び周辺エリア

このページの先頭へ