相続財産の調査

遺産調査

相続人調査とあわせて相続財産の調査も始めましょう!

相続する財産の内、プラス財産(預貯金など)やマイナス財産(借入金など)がどれほどあるのか調べることによって、相続放棄・限定承認をするかどうか、相続税がかかる可能性があるのかどうかを判断することができます。
また、スムーズに遺産分割協議を進めるためにも、きちんと遺産を調査する必要があります。

相続財産とは

相続財産にはプラス財産マイナス財産があります。

借入金などのマイナス財産も、相続財産となります。

プラス財産

現金や預貯金、株式、不動産(土地・建物など)、有価証券(社債など)、債権(貸付金など)、生命保険金(被相続人が被保険者でかつ受取人とされている場合)、動産(自動車・宝石・家財など)などがプラス財産になります。

それぞれ、通帳や登記簿、固定資産税評価証明書、関係先への問合せ等によって調査をする必要があります。

マイナス財産

借入金、買掛金、保証債務、未払金(税金・家賃・医療費など)などがマイナス財産になります。

契約書や請求書などによって調査します。

特に、被相続人が自営業者だった場合はしっかり調べる必要があります。

遺産分割の対象にならない財産

香典、死亡退職金、遺族年金、祭祀財産(墓地・墓石・仏壇・仏具)などは遺産分割対象の財産ではありません。

ただし、みなし相続財産として相続税課税の対象となる場合があります。(遺産分割対象の財産と相続税の課税対象は必ずしも一致しません)

なお、被相続人一身に専属する財産・権利は相続財産には含まれません(扶養料請求権・生活保護受給権・身元保証債務など)

相続財産目録の作成

相続財産の調査が完了すれば、相続財産目録を作成します。

全ての財産を一覧できますので、遺産分割協議を円滑にすすめることができます。

後日のトラブルを招かないよう、モレのないように作成しましょう。

お問い合わせはこちら

川西市・猪名川町を中心に相続・遺言・後見をトータルサポートいたします

サービス提供可能地域:兵庫県 川西市 猪名川町 伊丹市 宝塚市 大阪府 池田市及び周辺エリア

このページの先頭へ